加須、花崎、鷲宮の部屋探し、賃貸、不動産はこちらのホームページへ!

株式会社加須不動産

 
(本店)0480-61-0333 (花崎)0480-66-0333
(本店)09:00 - 17:00 (花崎店)09:30 - 17:30 ((本店)月曜定休 (花崎店)木曜定休 定休)

お電話は(本店)0480-61-0333 (花崎)0480-66-0333までお気軽におかけ下さい

絞り込み 検索ワードを+(半角プラス)で区切ってください
例) 三鷹+マンション
OR 検索ワードを,(半角コンマ)で区切ってください
例) 三鷹,マンション
地図から探す 加須周辺の賃貸不動産

業者間通信ReQs

加須を綴る日記

花崎北地区の変化2018/12/03

十数年来、言われ続けている「少子高齢化」だが、

加須市も例外ではない。今後増える年齢層は55歳以上で

それ以下の世代の人口層は緩やかに減少していく。

加須市内のある候補議員の(政策)討議資料を読んで驚いた。

====================================

「平成30年、花崎ライオンズマンション(700戸)学区の

花崎北小学校の入学児童は0(ゼロ)と聞き、市民は驚いている。」

====================================

700戸の内一人も小学新入生がいない地区が、あの「新興地区」

花崎北地区で出現したのだ。

平成初期には、加須市は全国都市人口増加率でベスト10内に

入った事も先輩方から聞いたことがある。人口増加率の象徴が

ライオンズマンションや住宅供給公社が開発した{花崎北}だ。

あれから20数年経って、花崎北地区に人が住んでいないわけでは

ないが、若い世代が独立して、都市部へ流出して花崎北地区に

新世帯を構えないのだ。もっと通勤便利な首都圏に近い都市に

移住してしまう。

しれでも、年末近くになって花崎北或いは久下のスーパーを

見に行けば、いつもより異様に多い人混みに驚くだろう。

そう、若い世代が親世代の家に一時帰宅して子供、孫の

3世代で家族団らんするための光景なのだ。

心が少し温まるようでもあり、遠い将来の寂しさを予感させる

加須市内のスーパーやショッピングモール内の風景をあなたも

目撃することだろう。

同議員候補の討議資料には続いて

===================================

「起業を誘致し、良い働く場を確保し、若者の定住を促進

することは、将来に亘って市政を継続させる最大の政治行政の

課題です。」

===================================

と記している。対策協議はわかるが、「課題です」で終われば

いつまで経っても「課題」の解決入り口出口は見えない。

----------------------------------------------------------------

こんな外部環境の変化を踏まえて、今日も賃貸アパートオーナー

さんと繁忙期を前に募集条件見直しの意見交換を行なった。

毎日が環境変化への対応業務と分析、行動である。

 

 

 

加須、花崎周辺の売買不動産情報