加須、花崎、鷲宮の部屋探し、賃貸、不動産はこちらのホームページへ!

株式会社加須不動産

 
(本店)0480-61-0333 (花崎)0480-66-0333
(本店)09:00 - 17:00 (花崎店)09:30 - 17:30 ((本店)月曜定休 (花崎店)木曜定休 定休)

お電話は(本店)0480-61-0333 (花崎)0480-66-0333までお気軽におかけ下さい

絞り込み 検索ワードを+(半角プラス)で区切ってください
例) 三鷹+マンション
OR 検索ワードを,(半角コンマ)で区切ってください
例) 三鷹,マンション
地図から探す 加須周辺の賃貸不動産

業者間通信ReQs

入居申込概要速報

印紙2018/03/02

不動産の契約に収入印紙が必要なのは

賃貸借契約より売買契約の方です。

​スマホで調べてもわかる事ですが、

​賃貸アパート、賃貸マンションなど

「居住用賃貸借契約書」では収入印紙は

​契約書に貼られません。

​土地の売買契約書、土地建物売買契約書、

​区分所有建物(マンション等の不動産)売買契約書では

売買金額に応じて収入印紙を契約書に貼付(ちょうふ)

して印紙を割印(消印)して「印紙を使用して印紙代を

​納めた」と証明しなければなりません。

ところで、最近私たちが売買仲介する契約書の金額は

1000万円前後が多くて、収入印紙も5000円とか

​1000円を使うケースがほとんどです。

​【契約書に印紙を貼る作法もそれぞれ】

​仲介する宅建業者さんによって、契約時に印紙を貼る作法も

それぞれの様です。

一般的に印紙代を負担するのは、契約当事者(売主と買主)

ですが、

*自分で郵便局で収入印紙を購入する契約者

*業者に収入印紙を購入してもらい、契約時に印紙代を

​ 払う契約者

​*敢えて、契約時には印紙を貼らず、不動産の残代金

決済時にしっかりとした手つきで収入印紙を契約書に貼る

契約者

(あまりないのですが)

*ずっと契約書に印紙を貼り忘れて、確定申告時に税理士等に

​指摘されて慌てて印紙を買って貼る契約書もいます。

 

まあ、払うものは払わなければいけませんから、契約時に

印紙を貼ってしまうのが、忘れ防止でお勧めです。

加須、花崎周辺の売買不動産情報