加須、花崎、鷲宮の部屋探し、賃貸、不動産はこちらのホームページへ!

株式会社加須不動産

 
(本店)0480-61-0333 (花崎)0480-66-0333
(本店)09:00 - 17:00 (花崎店)09:30 - 17:30 ((本店)月曜定休 (花崎店)木曜定休 定休)

お電話は(本店)0480-61-0333 (花崎)0480-66-0333までお気軽におかけ下さい

絞り込み 検索ワードを+(半角プラス)で区切ってください
例) 三鷹+マンション
OR 検索ワードを,(半角コンマ)で区切ってください
例) 三鷹,マンション
地図から探す 加須周辺の賃貸不動産

業者間通信ReQs

不動産のQ&A

新価格とは?2017/06/04

旧価格を開示しないで、新価格だけを掲載する折り込みチラシを最近よく見かける。
販売を開始してから3か月以上経過している新築分譲住宅や新築分譲マンションについては、

二重価格表示をすることは可能ですが、これを行わず、値下げして実際に販売する価格の前に

「新価格」という表示をすることも問題ありません。

二重価格表示とは旧価格を比較対照価格として新価格(値下げ価格)を表示するものですが、

旧価格を表示しないで値下げした価格を表示するものは、二重価格表示に該当しません。
広告案の「新価格」という表示に代えて、「改訂価格」、「値下げ価格」、「プライスダウン」等と

表示しても差し支えありません

比較対象価格としての旧価格(値下げ前の価格)を併記しないのであれば、

「二重価格表示」ルールは適用されない。

したがって「新価格」を謳ってもいいというのが回答ですが、
これでは、いったいいくら値下げされたのか分からないではないか!

複数戸ある分譲住宅や分譲マンションの場合、既購入者からの反発が

予想されますが、売り主は、消費者に具体的な値下げ額を知らせずに「プライスダウン」を

喧伝できれば、既購入者の反発を免れるという、一石二鳥の販促ワザを展開できることになります。


旧価格を併記しないので「二重価格表示」ルールは適用されないという、現状追認の論理展開ではなく


現状の「二重価格表示」ルールを維持したうえで、消費者視点から「新価格」「改訂価格」「値下げ価格」

「プライスダウン」といった“販促ワード”の改善を図るべし

====================================================================================

以上は約7年前の不動産情報記事からの抜粋ですが、当時からずっと続いているのですね。

【新価格】表示の販促チラシは…

【値下げ】と【新価格】内容は同じです。住宅の仕様変更・付帯設備追加等が無い限り、

不動産の価格は需要に影響を与えるものですから。

加須、花崎周辺の売買不動産情報